• ホーム
  • 会社概要
  • アクセス

反社会的勢力との取引拒絶、排除について

株式会社大清社(以下=当社)は、企業としての社会的責任を果たし、公正で適正な業務を遂行すべく、以下に記す全ての反社会的勢力との取引一切を拒絶し、排除します。

■お客様が、次のいずれかに該当する場合、反社会的勢力として、当社は一切の取引をいたしません。また虚偽・偽装等が判明した場合、当社は直ちに取引を停止し、通知の上、契約を解除するものとします。

  1. 暴力団
  2. 暴力団準構成員
  3. 暴力団関係企業
  4. 総会屋、社会運動標榜ゴロ、政治活動標榜ゴロ、特殊知能暴力集団等
  5. その他1~4に準ずる者

■お客様が、自らまたは第三者を利用して以下に該当する行為をなさった場合、当社は直ちに取引を停止し、通知の上、契約を解除するものとします。

  1. 暴力的な要求行為
  2. 脅迫および暴力行為
  3. 法的責任を超えた不当要求
  4. 風説流布、偽計または威力業務妨害にあたる行為
  5. その他1~4に準ずる行為

当社は反社会的勢力の排除に、以下の対応によって全力で取り組みます。
【組織としての対応】

  1. 当社は倫理規程、社内規則として明文を表し、代表取締役社長をはじめとする経営トップ以下、組織全体として反社会的勢力に対応します。
  2. 当社は、反社会的勢力に対応する従業員の安全を確保します。

【外部専門機関との連携】

  1. 当社は、警察、暴力追放運動推進センター、弁護士等の外部専門機関と連携して、反社会的勢力の排除に取り組みます。

【取引を含めた一切の関係遮断】

  1. 当社は、反社会的勢力への当社の業務サービスの提供、その他の取引関係を含めて、一切の関係を遮断します。
  2. 当社は、反社会的勢力による不当要求を断固拒絶します。

【有事における民事と刑事の法的対応】

  1. 当社は、反社会的勢力による不当要求に対しては、民事と刑事の両面から法的対応を行います。

【裏取引や資金提供の禁止】

  1. 当社は、反社会的勢力による不当要求が事業活動上の不祥事や従業員の不祥事を理由とする場合であっても、透明性のある対応を行い、事実を隠蔽するための裏取引を絶対に行いません。
  2. 当社は、反社会的勢力に対する資金提供を絶対に行いません。

以上

巧妙に変化、不透明化する反社会的勢力の情勢を注視し続け、当社としての姿勢を表するものとします。
2021年 1月 27日現在

株式会社大清社
代表取締役社長
牛村 博恵

施設・ニーズに合わせたメンテナンスメニューをご提案いたします。お気軽にご相談ください。お問い合わせはこちら